ウールカーペットのすすめ | ソファ専門店 TRES THE SOFA TAILOR/トレス ザ・ソファテーラー|東京青山・金沢・京都ショールームでソファ専門店が贈る本物の国産ソファをご覧ください ウールカーペットのすすめ – ソファ専門店 TRES THE SOFA TAILOR/トレス ザ・ソファテーラー|東京青山・金沢・京都ショールームでソファ専門店が贈る本物の国産ソファをご覧ください

News

ウールカーペットのすすめ

メンテナンス
kyoto

こんにちは。
京都では葉桜がまぶしい陽気です。
コートを着ずにお出かけるできるいい季節になりましたね。

この春新生活を始めた方も、そろそろ落ち着いてきた頃ではないでしょうか?
差し迫ってソファを購入したけれど、ラグもあったほうがいいかも、
とお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回はそんなお客様に、ウール100%ラグをご紹介致します。
ウール100%だと何がいいの?そもそもウールって何?
と、思われた方もいらっしゃるかもしれません。

ウールは羊の毛で作られた繊維のこと。
また、ウールと一言に申し上げても、世界中には様々な種類の羊がいて、色や硬さもそれぞれです。
当店のソファと同じように、柔らかめがよいか、固めがよいか、用途やお好みによって選んで頂けます。

ウール以外の素材を使ったラグには、
植物性繊維を使用したものや、合成繊維を使用したものなどがありますが、
ウールソファがそれらに対して持っている一番の強みは、その機能性。
長く綺麗に使って頂ける機能があるのです。

ところで、ウールを使ったものといえば、ウールのセーターがあるかと思います。ウールのセーターを洗濯して、小さく縮んでしまった、といった経験はありませんか?
しかし、牧草地で飼われている羊さんや、動物園の羊さんを思い浮かべても、雨でぬれることがあるはずなのに、ふわふわもこもこの毛皮を維持しています。
その理由は、羊の毛を覆っている油分。
羊の体から出る天然の油分が羊毛を覆っているため、雨をはじいて毛の中まで水を通さないようにしているのです。
ウールカーペットにもその特性が残っています。

たとえばくつろぎのコーヒータイム。
うっかりカーペットにコーヒーをこぼしてしまう、
なんてこと、よく聞く話ですよね。
ウールのカーペットならこのように、油分が水分をはじくので、コロコロと水滴が丸まって内部には入ってきません。

時間をかけて染み込ませてみても、

いらない布で吸い取ってしまえば

ここまできれいに取れてしまいます。

さらに水を含ませて同じように吸い取れば

コーヒーのシミはなくなってしまいました。

ウールカーペットが長く使用するために優れている点はこれだけではありません。
油分と合わせて、もう一つの特性が「遊び毛」です。
ウールカーペットには、カーペットの土台に固定されていない短い毛が無数についている、という特性があります。
この短い毛を「遊び毛」と言います。

通常は固定された毛糸の間に挟まっていますが、生活をしていくうえで摩擦がかかると、少しずつ抜けていきます。
その際、ラグの表面にたまったホコリや汚れを絡めとってくれるのです。
汚れた遊び毛はラグの上に集まりますが、これを掃除機で吸い取ってもらえれば、きれいなラグに早変わりです。

先ほどのようにコーヒーをこぼしてしまって、
吸い取ってもじっくり見るとうっすら汚れが残っている、
という状態になった場合も、こすり取らずにこの遊び毛に任せてくださいね。
日々の掃除機かけで少しずつ消えていくはずです。

遊び毛は少しずつでてきますので、摩擦によって羊毛がなくなってしまうということはありません。
人通りが多く、摩擦の多いホテルのエントランスに使用しても、10年はその美しさを保つことができるほどです。

ただし、ご使用を始めたばかりのころは、遊び毛も多く出ていますので、
頻繁に掃除機をかけてくださいね。

いかがでしょうか。
ウール100%のカーペットの優れた点が伝わりましたでしょうか。
【ソファ専門店】トレスザソファテーラーでは、
様々な種類のウールカーペットを取り扱っております。
円形や楕円形に加工できる商品もございます。

どうぞご来店頂き、その質感を確かめてみてくださいませ。
皆様のご来店を、心よりお待ち申し上げております。

 

TRES THE SOFA TAILOR kyoto
京都府京都市中京区中白山町268-1
プラウド京都麩屋町御池1F
TEL 075-231-3511
営業時間 11:00~19:00
定休日:水曜日

         

Category