ソファについて

SOFA

ソファスタイリングレシピ vol.69

  • 京都店

本格的に暑い8月になりました。
夏休みはご実家に帰省される方、
お気に入りのホテルでホカンスするぞ!
など色々と計画される方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ご自宅にお友達を招いたりと楽しみですね。
今回は大人も子供も心が浮足だつ夏をより快適に、
ご自宅でもラグジュアリーな気分で過ごしていただくために
「ひんやり&ジャンボクッション」の
スタイリングをご紹介します。

 

 

ソファでお使いいただくクッションサイズは
40×40cmから45×45cmが一般的。
ジャンボクッションは60×60cm以上の大きさになります。
座って、ハグして、背もたれにしてもこの大きさだからこその包容力。

たっぷりと詰まった羽毛、柔らかさと弾力の
絶妙なバランスがクセになる大きさです。
またひんやり感じる生地を合わせれば
この夏をより快適に過ごすことができる
アイテムとしてお使いいただけます。

 


“ひんやり”感じる生地選び

数多くの生地の中でも
触れた時にひんやりと冷たく感じる生地があります。
例えばレーヨンの一種であるビスコースが多く含まれた生地は
コットンに比べると冷たく感じます。
シャリ感のある天然繊維の麻(リネンなど)も
古代から接触冷感のある素材として知られていて、
夏服の製品によく使われています。
どんな仕組みかといえば…

・繊維中に水分を多く含むこと

・熱伝導率が高いこと

・さらに触った時に少し硬く感じる(シャリ感)

などが触れた時に、ひんやり感じる性能に影響しています。
まず水分を多く含むということは、親水性のため素早く汗を吸収し、
発散することで、カビや雑菌の繁殖を抑えてくれます。
暑い日でも生地の内部を快適に保つことができるのです。

熱伝導が高いということは、熱を逃がしやすいというメカニズムです。
その物体自体の温度が低く、冷たいというわけではありません。
なぜヒンヤリ冷たく感じるかというと、物体に触れたときに、
人の肌の熱がその物体に移動するためです。
熱伝導率が高いものほど熱を多く奪ってくれる
つまり冷たく感じることになります。

※親水性=水になじみやすいこと


“ひんやり”おすすめファブリック

GOLシリーズ:D-type
組成:ポリエステル63% コットン32% メタルヤーン5%


GOL-DB(ダークブルー)/GOL-DB(ダークブルー)


GOL-DB(ダークブルー)/GOL-DB(ダークブルー)

GOL-DB(ダークブルー)

≫GOLシリーズの納品事例はこちら


11193シリーズ:D-type
組成:ビスコース72% ポリアミド28%

11193-SG(シルバーグレー)/11193-GB(ゴールドブラック)

11193-PC(ピンクシャンパン)

≫11193シリーズ納品事例はこちら


11465シリーズ:D-type
組成:コットン49% ビスコース36% ナイロン15%

9534-MS(マスタード)/9534-MS(マスタード)

9534-GR(グレー)

≫11465シリーズ納品事例はこちら


MEシリーズ:D-type
組成:ビスコース69%,コットン24%,リネン7%


TACシリーズ:F-type
組成:ビスコース78%,ポリアミド22%


TAMシリーズ:F-type
組成:ビスコース78%,ポリアミド22%


TIBシリーズ:F-type
組成:リネン100%

ファブリック選びはこちらから


ジャンボクッションソファアレンジ

ジャンボクッションを置くことで、シンプルスタイルから
ラグジュアリーなスタイルに様変わり。
同じソファでも部屋の表情を大きく変えることができます。

sofa【TRES-L】2.5P

▼シンプルスタイル

ピロークッション450×450:KUG-WH(ホワイト)[E-type]

▼ラグジュアリースタイル

ピロークッション450×450:KUG-WH(ホワイト)[E-type]
ツノありピロークッション(マチ無)600×600:KUG-WH(ホワイト)[E-type]
ボルスタークッション700×250:BON

シンメトリー(左右対称)にクッションを並べることで
安定感や、落ち着いた雰囲気になります。
光沢感のある生地を取り入れたり、同じ色調でも素材を変えてみたりすることで
遊びが加わり、ゴージャスな印象になりますね。


sofa【TB】2.5Pカウチセット

▼シンプルスタイル

ピロークッション450×450:KUG-WH(ホワイト)[E-type]
ピロークッション400×400:ODE-BN[D-type]

 

▼ラグジュアリースタイル

ピロークッション450×450:KUG-WH(ホワイト)[E-type]
ピロークッション600×600:11465-PC(ピンク)[D-type]

ソファの中心寄りにまとめたインパクトがあるアレンジ。
肘掛から少し離し、センターを中心にまとめたスタイルは
写真のような肘掛がないソファにはとくにおすすめです。
センターにまとめたクッションは強いアイキャッチになります。
見せ場でもあるため、ジャンボクッションを合わせるなど
大胆なアレンジを楽しめますね。


sofa【FSB】3P

▼シンプルスタイル

ツノありピロークッション500角:BNK-BL(ブルー)[Ftype]
ツノありピロークッション400角:GOL-DB(ダークブルー)[Dtype]

▼ラグジュアリースタイル

ツノありピロークッション600角:VTG-BG(ブルーグレー)[Dtype]
ツノありピロークッション500角:BNK-BL(ブルー)[Ftype]
ツノありピロークッション400角:GOL-DB(ダークブルー)[Dtype]

左右に異なる数のクッションを並べる
アシンメトリースタイル。(左右非対称)
大きなクッションを合わせるとカジュアルながら
リラックス感溢れるスタイルに。
直線的なラインが美しいsofa〈FSB〉に
動きが加わり、さらに堂々とした印象です。

 


クッションのようにちょっとしたアイテムでも、
サイズやカバーを工夫することで快適性やイメージを
大きく変え、素敵な世界観を生み出すことができます。
カバー交換も手軽にできるので
ぜひ一年を通して様々なソファのスタイリングをお楽しみください。

 

ソファ専門店トレスでは
お客様お一人お一人のご要望に合わせてソファや
ソファ周りの商品をお作りいたします。
是非一度
ソファ専門店トレスザソファテーラーでご体感下さい。
 

 

 

TRES THE SOFA TAILOR kyoto
京都府京都市中京区中白山町268-1
プラウド京都麩屋町御池1F
TEL 075-231-3511
営業時間 11:00~19:00
定休日:水曜日

 

 

お問い合わせ

CONTACT

  • 来店予約

    新型コロナウイルスの影響を踏まえ、メールでのご相談やご提案、ご来店ご予約の受付をさせていただきます。

    来店予約をする
  • 無料資料請求

    各機種に用意したサイズバリエーションや詳細なプライスリストをまとめたカタログを無料で配布しています。

    カタログを取り寄せる
  • フォームから
    お問い合わせ

    ソファに関するご質問やお困りごとはフォームにて24時間受け付けています。

    お問い合わせする
来店予約はこちら
無料資料請求