ソファの後ろ姿 | ソファ専門店 TRES THE SOFA TAILOR/トレス ザ・ソファテーラー|東京青山・金沢・京都ショールームでソファ専門店が贈る本物の国産ソファをご覧ください ソファの後ろ姿 – ソファ専門店 TRES THE SOFA TAILOR/トレス ザ・ソファテーラー|東京青山・金沢・京都ショールームでソファ専門店が贈る本物の国産ソファをご覧ください

News

ソファの後ろ姿

ソファについて
kanazawa

最近、ソファをリビングダイニングの間仕切りとして置く

あるいは、畳コーナーの前に置く、など

お部屋の中央にレイアウトされる方がとても多くなっています。

 

 

そのため、ソファの「後ろ姿」を気にする方が増えています。

最近は座り心地、サイズとともに「後ろ姿」が選ぶ基準の1つになっています。

そこで今回はトレスで人気のソファの後ろ姿を

いくつかご紹介したいと思います。

 

 

①GRVA(H800/BH680)※Hはクッションまで含んだ高さ/BHはボディまでの高さ

人気No.1のGRVAは、アームハイ(肘までの高さ)は56cm。

ボディハイは68cm、背クッションの1番高い所からは80cm。

後ろから見ると横長の背クッションが

ボディから少し見えますが、

横長のお陰で、目線がスッと横に流れて

80cmの高さを全く感じさせません。

またアームが背より低いデザインのため抜け感があり、

お部屋の真ん中に置いても圧迫感なく収まります。

 

 

 

②TB(H780/BH600)※Hはクッションまで含んだ高さ/BHはボディまでの高さ

TBは背クッションの1番高い所からは78cmですが

アームとボディが同じ高さの60cmでスッキリしています。

お部屋を広く見せたい方が選ばれることの多い機種です。

脚も細めのデザインのため、

後ろから見ても抜け感があります。

 

 

③FSB(H800/BH600)※Hはクッションまで含んだ高さ/BHはボディまでの高さ

FSBもTB同様、アームとボディが同じ高さの60cmです。

ボリュームのあるアームデザインの重心を下げてくれるので

後ろから見ると意外と低めです。

ダイニングからも目線を遮らずにTVが見える高さです。

 

 

④JD(H780/BH640)※Hはクッションまで含んだ高さ/BHはボディまでの高さ

最近人気のJDは、クッションを含んだ高さ78cmで

TBと同じです。

アームと背が同じ高さですがTBより4cm高く、64cm。

BHが4cm違うだけですが、後ろ姿はこれだけ変わります。

もちろんその分、肩までのホールド感があるなど

メリットも多いです。

JDはボディやアームが丸みを帯びているデザインのため

高さが緩和されています。

 

 

 

⑤LSC(H850/BH720)※Hはクッションまで含んだ高さ/BHはボディまでの高さ

ハイバックが人気のLSC。

クッションまで入れると85㎝とご紹介した中で

最高値です。

LSCはサイドの高さが高いのも特徴のソファです。

背もサイドも高いことが最大の魅力なので

この高さを活かして空間をあえて区切るのために

設置するのをお勧めいたします。

少し目線が遮られるくらいの高さなので

ご自分の世界に浸ってリラックスできます。

 

 

 

お部屋の真ん中にソファのレイアウトを考えている方は

ぜひお店で後ろから見える姿もご確認ください。

 

 

TRES THE SOFA TAILOR kanazawa
石川県野々市市三納1-37-1
TEL 076-259-5702
営業時間 11:00~19:00
定休日:水曜日

 

         

Category