納品というゴールとスタート | ソファ専門店 TRES THE SOFA TAILOR/トレス ザ・ソファテーラー|東京青山・金沢・京都ショールームでソファ専門店が贈る本物の国産ソファをご覧ください 納品というゴールとスタート – ソファ専門店 TRES THE SOFA TAILOR/トレス ザ・ソファテーラー|東京青山・金沢・京都ショールームでソファ専門店が贈る本物の国産ソファをご覧ください
Story

12

納品というゴールとスタート

青山店ではお隣のミノッティさんからいろいろ勉強させていただいています。納品は基本的にすべて販売員が立ち会うそうです。お客様はとても喜ばれることでしょう。ミノッティさんで買ってよかったという感動もソファと一緒に納品できるのですからすばらしいです。

私たちも、金沢店では基本的に工場の製造担当者と店舗の販売担当者が同行して納品していますし、青山店でも関東圏はもちろん、京都や奈良、長野への納品も立ち会いをしています。先日オープンした京都店でも同様に努めていきます。

特に道畑専務の納品が好評です。まず、配送業者と密に連絡を取りながら、お客様宅へソファ到着と同時に訪問。すぐに搬入方法を細かく指示し、汗をかいたままクッションを抱えたり、壁面や床を損傷したりすることがないよう目配りをします。

搬入や肘の取り付けが終わると業者には引き取っていただき、クッションのメンテナンス方法やカバーをかぶせるポイントを実演で説明。最後に、オーナー様にすわっていただいてファーストショットを撮影します。この時のお客様の笑顔を楽しみに、専務は率先して納品に行っているようです。

納品は販売という意味ではゴールですが、TRESとオーナー様のお付き合いの始まりでもあります。納品して3年~5年後に、雰囲気を変えるために替カバーのご注文が増え、15年目あたりからフェザーバッグやウレタン交換のご希望も出始めます。ソファは本来、消耗品を交換しながら世代を超えて使用していくもので、納品はそのスタート。

ぜひ長いお付き合いをお願い致します。

Index

記憶

01

TRESのはじまり 専務との二人三脚 “ビートルズになれたらいいね”

02

本当に欲しいもの

03

ソファについて

04

デザイン

05

フレーム -すわり心地の根幹-

06

ウェービングテープ

07

ウレタン

08

ファブリック

09

裁断・縫製

10

羽毛

11

1番を目指す意味

13