News

Sofa【TRES-A】製作過程2

ソファについて
kanazawa

昨日に引き続き【TRES-A】が出来るまでの誕生秘話を
ご紹介させて頂きます。

 

本日は《ウレタン》からスタートです。

 

【TRES-A】はオプションのピロークッション以外
フェザーは全く使われていません。

背中部分はソファの本体に密度の高いウレタンが
5㎝もの厚さで貼られているそうです。

直接身体を預けてもしっかりと安定感があるなと
思っていましたが納得です。

 

座は色々な種類の高密度ウレタンが6層にも重なって出来ています。

トレスが11月にオープンし、初めての新作ソファということで
『今までにはない新しい座り心地を作りたかった』と開発担当者は話していました。

 

座り心地の要となるウェービングテープのテンションも通常と変えたり、
新開発のプロファイル加工のウレタンを間に挟むことによって
空気の層を作ったりと様々な工夫が施されています。

青色部分がプロファイル加工のウレタンです↓

 

 

一旦完成した座のクッションを本体に置き、
クッションとウェービングテープのバランスを確認しています↓

1つ1つの工程を一切妥協せず取り組んでいるのが伝わりますね。

 

 

 

《品評会》

デザイナー道畑もトレス各店舗へ届ける前に最終チェックに訪れました。↓

 

 

社員全員が集まります↓

『お部屋が広く見えそうだね』

『アーム部分に座れるのがいいね』

『カバーもかけやすかったですよ』

『あれウレタンですよね?羽毛のような座り心地ですね』

と色々な声が飛び交います。

 

 

この様にして1台のソファが誕生します。

それぞれの職人が最高のソファを造り上げたいという
1つの目標に向かって取り組んでいます。

どこか1つがかけても駄目なのです。
それがトレスソファの妥協しないソファづくりです。

 

【TRES-A】はトレス青山・金沢各店に展示がございます。
ぜひ一度座りに来て下さい。
皆さまのご来店お待ちしております。

 

 

TRES THE SOFA TAILOR kanazawa
石川県野々市市三納1-37-1
TEL 076-259-5702
営業時間 11:00~19:00